SFC&JGCホルダーの戯言

2015年にSFC&JGC修行を行いました。(旧ブログ名「SFC&JGCを目指す 2015年」)

ANA国内線で特典航空券使用時のLTマイル加算方法

ANAで特典航空券を使って搭乗した場合、マイルはもらえませんがライフタイムマイル(LTマイル)はもらえます。
ただし、国内線の場合は自分で事後登録しないと加算されません。
ここでは、その手順について解説します。

まず、ANAサイトの上の方にあるマイメニューを押します。
1

メニューが開きますので、「マイレージ事後登録」を選択し、それから「国内線事後登録」を押します。
2

国内線事後登録画面に遷移しますので、名前やお客様番号に問題がなければ「ご搭乗便の入力」を押します。
3

次に、搭乗年月日、便名、区間、座席番号を正確に入力します。
入力のためにご搭乗案内などはとっておいた方がいいかもしれませんね。
4

「登録する」を押すと、すぐに結果が表示されます。
5

当然加算マイルは0なのですが、LTマイルもすぐに反映され、片道1130が加算されていました。
往復の場合、もう一度同じ手順で復路の分を登録します。

2017年度 アップグレードポイント加算

2017年度に使えるアップグレードポイント4ポイントが加算されました。
アップグレードポイント2017
来年度はただのSFC会員ですから”SFCカード会員アップグレードポイント”は入っていません。

「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバーかつスーパーフライヤーズ会員のお客様には、ANAグループ運航便のご利用に応じて獲得されたポイントに加え、さらに一律4ポイントをプレゼントいたします。

ANAダイナーススーパーフライヤーズカードをANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードへ切り替え

デザインが気に入っていてメインで使っていたANAダイナーススーパーフライヤーズカードですが、ANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードへ切り替える事にしました。
理由としては、
・三井住友トラストクラブになってからサービスの改悪が目立つ
・家族会員を含めると年会費が高い
の2点ですね。

SFCのブランドを切り替えるには、プレミアムメンバー専用デスクに電話して切り替え申込書を請求します。
メニューで3番を押し、AMCパスワードを入力するとすぐにつながります。
切り替えたい旨を伝えると、今ダイナースを使っている事も把握されているので話が早いです。
まず、家族カードをどうするかを聞かれます。
次に一緒にダイナースクラブカードの退会届けを入れるので送るように言われました。
それと、新しいSFCが届いたらお客様番号が変わるので、プラチナステイタスカードの再発行を別途電話で連絡が欲しいとの事でした。これがちょっと面倒ですねぇ。
申し込み書は1週間前後で届く言われましたが、実際には3日後には届きました。
%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

申込書投函からの流れはこんな感じでした。
0日目:申込書投函
20日目:キャッシング事前確認書のハガキ到着
21日目:ANAサイトでメインカードのお客様番号が新規のものに更新される
24日目:ANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードが簡易書留にて到着
当初の予想以上に時間がかかりました。

ANAダイナーススーパーフライヤーズカードですが、更新月がまだ先のためそのまま解約してしまうと年会費が無駄になってしまいます。
そこで、一旦別のカードに切り替えて月割りにて年会費を返金してもらう事にしました。
最初に切り替えようと思っていたのは、三井住友信託ダイナースクラブカードです。
一定の条件を満たせば通常22000円(税抜)の年会費が12000円(税抜)となります。
こちらへの切り替え申込書を請求したところ、ANAダイナーススーパーフライヤーズカードからは切り替えはできず新規申し込みとなってしまうとの事でした。
しかも年会費は返金されないというので、これでは全くメリットがありません。
次に気になっていた銀座ダイナースクラブカードの切り替え申込書を請求しました。
こちらは切り替えも可能で年会費も月割りで返金されるとの事で安心して申し込みました。
こちらもカード到着まで20日もかかりました。
なかなか長い待つ日が続きました。
d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

一緒に銀座ダイナースクラブカードの特典である「資生堂パーラーカフェチケット」が入っていました。
チケットの紙質はかなり良いものでした。
%e8%b3%87%e7%94%9f%e5%a0%82

ANAプラチナメンバー特典&SFC会員特典到着

ゆうメールにて、ANAプラチナメンバー特典とSFC会員特典が到着しました。
%e7%b4%99

内容物は、
2016年度ANA「プラチナサービス」メンバー特典
・2017年版ANAオリジナル卓上フライトカレンダー
・2017年版デスクダイアリー
ANAスーパーフライヤーズ会員特典
・2017年版ANAオリジナルカレンダー
・ANAスーパーフライヤーズ会員限定手帳
の4点です。

カレンダーは説明上の名称は異なりますが、全く同じ卓上カレンダーが2つ届きました。
まぁ、自分が選んだ結果ですけどね。
%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc2

デスクダイアリーはなかなかずっしりしてます。
これはプラチナにならないと貰えないので、記念にとっておこうと思います。
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc2

こちらは去年も頂いたSFC限定手帳です。
%e6%89%8b%e5%b8%b31

%e6%89%8b%e5%b8%b32

%e6%89%8b%e5%b8%b33

%e6%89%8b%e5%b8%b34

ANAふるさと納税の寄付特典がマイルに変更

161101
今までSKYコインだったANAふるさと納税の寄付特典が11/1からマイルに変更になるようです。
確かにSKYコインって微妙だなぁと思ってたんですよね。
これからは100円につき1マイルもらえるようなので、これなら積極的に利用したいですね。

ANA Phone

ana-phone

ANAから「ANA Phone」が登場するらしいです。
以前からSo-netと提携して「MILEAGE SIM」というマイルが貯まる格安SIMも出ていましたが、端末まで出すとは。。。
基本的にはXperia XZにANA用のホームアプリを搭載し、マイルの貯まるプランとセットになっているというものです。
ANA Phoneを持ってANAに搭乗すればボーナス搭乗マイルをもらえるというのは楽天モバイルぽい施策ですね。

端末にXperia XZを持って来たのは評価できますが、ソフトバンクのMVNOというのはちょっと・・・。
ドコモはJALと仲がいいからダメなんでしょうか。
So-netじゃ端末までは面倒見きれないからダメだったんでしょうか・・・。
いろいろモヤモヤしますが、3年目以降ボーナス搭乗マイルが無くなるというのは一発屋の香りがかなりしますね。

予約は11/2(水)10:00から開始らしいです。
もともとXperia XZは購入候補に挙がっていたので気にはなりますが、ソフトバンクのMVNOはなぁ・・・という感じです。

JMB会員先行予約サービスとANAプレミアムメンバー先行予約

8月28日11時からANAとJALの10月30日以降の割引運賃の予約が開始されます。
まず、ANAの場合、以下のように予約開始時間が分かれています。

対象のお客様 予約・販売開始日
ANAプレミアムメンバー 8月28日(日)11:00~
ANAカード会員(クレジット機能付き)
ANAマイレージクラブモバイルプラス会員
8月28日(日)14:00~
ANAマイレージクラブ会員 8月29日(日)11:00~
一般のお客様 8月30日(日)9:30~

※搭乗期間は2016年10月30日~2016年3月25日

そして、JALでは以下のようになっています。

対象のお客様 予約・販売開始日
FLY ONステイタス会員及びJGC会員 8月28日(日)11:00~
JALカード会員 8月28日(日)14:00~
JALマイレージバンク会員 8月29日(日)11:00~
一般のお客様 8月30日(日)9:30~

※搭乗期間は2016年10月30日~2016年3月25日

ana-logue 01 到着

https://www.ana.co.jp/amc/news/info/201605/ana-logue/

AZUREがリニューアルされて創刊した『ana-logue』が到着しました。
紙質の変更により若干しょぼくなったようなイメージはありますが、内容はAZUREに比べると旅行に行きたくなるような改善がされていました。
ただ、内容の薄さは相変わらずというところでしょうか。

ana-logue

ANAマイレージクラブ アプリ誕生記念 メルセデス ミー東京羽田 ドリンク1杯サービスキャンペーン

先日、ANAのステイタスをアプリで表示できる「ANAマイレージクラブアプリ」がリリースされました。
ダウンロード数を増やすための施策なのか、こんなキャンペーンをやるみたいです。

main

キャンペーン期間
2016年6月1日(水)~2017年3月31日(金)営業時間 7:30~21:30(L.O.21:00)

キャンペーン内容
ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバーのお客様で、ANAマイレージクラブ アプリの「提示用デジタルカード」を対象店舗でご提示いただくと、以下のお好きなドリンクSサイズが会員ご本人様1日1杯サービスになります。

・コーヒー(Hot/Ice)
・紅茶(Hot/Ice)
・スターラテ(Hot/Ice)

対象店舗

【対象店舗】
羽田空港第2旅客ターミナルビル
メルセデス ミー 東京羽田(Mercedes me Tokyo HANEDA) エッグセレント・バイツ
※クリスピー・クリーム・ドーナツは対象外です。

ご利用方法
・ANAマイレージクラブ アプリをダウンロードの上、「提示用デジタルカード」をご提示ください。
・当日ANA便をご利用の方に限ります。
・ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバーご本人様に限ります。
※「ダイヤモンドサービス」、「プラチナサービス」ご提供期間内に限り、ご利用いただけるサービスです(「ダイヤモンド事前サービス」、「プラチナ事前サービス」ご提供期間を含む)。

とりあえずアプリを入れておけば、ステイタスカードを忘れた時に安心ではありますが、もし今後はアプリに完全移行してカードが送られて来なくなるようだと寂しい気持ちもありますね。
いずれはそうなってしまうんでしょうか。