SFC&JGCホルダーの戯言

2015年にSFC&JGC修行を行いました。(旧ブログ名「SFC&JGCを目指す 2015年」)

仙台空港 1Fリニューアルオープン

4月に仙台空港の1Fがリニューアルオープンしました。
ちょうど行く機会がありましたので、写真を撮影して来ました。

1Fの入口を入ってすぐ真正面にウェルカムボードがあります。
ウェルカム

右側には観光案内所があります。
観光案内

左側を奥に進んだところにランナーズポートがあります。
一番奥のヤマトの隣にあり、ちょっと分かり難い場所ですね。
RUNNER'S PORT
公式サイトを見ると1回800円らしいのですが、支払いは現金のみなのが残念ですね。

右側を奥の方へ行くとプリペイドSIM自販機があります。
こちらは以前からあったものと思います。
プリペイドSIM

4/23 ANA3231 成田 〜 仙台

今回のスタートは京急EXイン京急川崎駅前 からです。
6時前にチェックアウトしましたが、ルームキー回収箱が置かれていました。
回収

成田まではTHEアクセス成田を利用しました。
片道1000円です。
この時は、
銀座6:30発 成田7:45着
のバスに乗車しました。

銀座駅乗り場のバス停から乗りましたが、係の人が予約している人していない人の列を分けていました。
見た所予約者は1人で、ここからは全部で10人程乗りました。
おそらく自分以外は皆さん外人さんだったと思います。
乗る時にSuicaでと言うと、Suica支払いに設定を変えてくれますので、そのままタッチすればOKでした。

次に東京駅に止まり、予約者が2人予約なしが3人程列を作っていました。
銀座よりもしっかりと列が分けられていました。
しばらくしてから2人程追加で乗ってきました。
東京駅から乗って来た人は日本人ぽい人が多い感じでした。

バスの搭乗率は7、8割程でした。
自分を含めて半分くらいは1人客なので席はだいたい埋まりましたが隣は空席のままでした。

第2ターミナルには7:35着、第1ターミナルには7:42に着きました。
成田空港でANAの国内線に乗るには、第1ターミナル南ウィングの1階に行く必要があります。
バスが到着するのは4階で、中に入ると華やかな感じの国際線のカウンターが並んでいます。
そこからエレベーターで1階に降り右側に行くとすぐに、寂しい感じの国内線カウンターがあります。
カウンター
プレミアム

カウンターの前から左前方にエレベーターとアライバルラウンジの入り口が見えます。
全体図
間近で見るとこんな感じです。
エレベーターと入り口
このエレベーターを上に行くとこういう通路になっています。
通路

階段かエレベーターで3階に行き1〜2分程歩いたところに保安検査場があります。
保安検査場
GOLD TRACKもあります。

保安検査場を抜けると今度は下に行く階段とエレベーターがあり、降りると国内線用の待合所があります。
待合所
ほとんどバスでの運用となっています。
そこまで行ってしまうとラウンジも何もないので、保安検査場を抜ける前にANAアライバルラウンジに行きます。
こちらは国際線で到着した人逹との共用ラウンジのため、国内線ラウンジとしては珍しく食べ物も置いています。

いつものノリでラウンジ入口の機械にタッチしたらエラーになってしまいました。
そう言えばこの時、チェックインがまだでした。
係の人にカードを渡し何やらカチャカチャやってもらって無事入れました。
中に入ってから確認したら座席変更ができなくなっていました。
チェックイン処理が完了したようです。
ここに入る時は自動チェックイン機でチェックインをしてから来た方がいいですね。

中はこんな感じになっています。
IMG_8468
羽田空港のANAラウンジのような洗練さはないです。

IMG_8467
IMG_8466
お酒です。

IMG_8458
おにぎりです。

IMG_8460
パンです。

IMG_8457
サンドイッチとチョコです。

IMG_8464
味噌汁です。

8時頃に入ったんですが、その時はまだ人が少なかったですね。
その後だんだんと増えて来ましたが、混雑している程ではなかったです。

保安検査場の入り口では必ずチケットを渡さないといけないようになってました。
タッチする機械の前に専属の人がいて、検査する人はまた別に奥います。
荷物に「タブレットは入っていますか?」と口答で確認されましたが、今回は持っていなかったので特に問題なく保安検査を通過しました。
待合所の一角に狭いですがキッズパークがありました。
キッズパーク

便も多くありません。
時刻表

事前改札はお子様連れが1グループのみで、あとはスターアライアンスゴールドメンバーの時に自分だけでした。
さすがはマイナー路線ですね。
バスを降りてから写真を撮ったりしていたので、ほぼ最後の方に搭乗しました。
機材
機材はB737-500でです。

自分が席についてほぼほぼすぐにドアクローズしていたようです。
GW前だったためか、搭乗率は5〜6割でした。
自分の座席の列もこんな感じでした。
座席

飲み物は後ろからも配っていましたので、一番にホットコーヒーを頂きました。
コーヒー

あと、アライバルラウンジと飛行機の入口で飴をゲットしました。
仙台空港では6番ゲートに入りました。

定刻は10:00-11:05の便です。
成田空港での搭乗口はGでした。
予定よりかなり早く着いていました。

9:49 ドアクローズ
10:08 離陸
10:30 着陸態勢のアナウンス
10:45 着陸
10:50 ドアオープン

風景
着陸直前の風景です。

「お子さまが生まれてから一定期間の間JMBクリスタルステイタスをご提供」に申し込み

サイト

子供が生まれた時点でJMB FLY ONステイタスを持っていて、現在ステイタス落ちしている場合に、一度だけクリスタルステイタスが頂ける制度があります。
申し込みをしてから、翌年の3/31まで有効になるため、年度が変わって平JGC落ちするのを待っていました。

申し込み方法はPDFを印刷して必要事項を記入し、郵送の必要があります。
送料は自費負担ではありますが、それだけでクリスタルステイタスが頂けるのなら文句はないですね。
JGCを持っているとあまり意味がないかもしれませんが、個人的にはディズニーシーのラウンジが使えるのがメリットですね。

JGCクリスタルカード取得までの経緯はこんな感じでした。
4/3 申込書投函
4/7 14/40 Webサイト上でステイタスがJGCクリスタルに変化
JGCクリスタル
4/15 JGCクリスタルカードがゆうメールで到着

封筒
クリスタル用の封筒です。

JGCクリスタルカード
JGCクリスタルカードです。
こちらの取得は初めてになります。
前回はJMBクリスタルカードでしたからね。

冊子
クリスタル用の冊子です。

http://www.jal.co.jp/jmb/lifestyle/crystal.html

対象のお客さま
お子さまのご誕生日時点でJMB FLY ONステイタスをお持ちで、現在JMB FLY ONステイタスをお持ちでないお客さま
※お子さまが「JALマイレージバンク飛行機カード・しろたんカード」にご入会いただく必要があります。
(同時申込も可能です)
※ご両親(お父さま、お母さま)、養子・養育里親の養育者の方、未成年後見人の方が対象です。
※男性もご利用いただけます。

お申し込み対象期間・ステイタス有効期限
【お申し込み期間】お子さまが2歳を迎えられた月末まで
【JMBクリスタルステイタス有効期限】申請日の同年度末(3月31日)まで

お申し込み方法
PDFを印刷していただく。
※1枚目のご確認事項をご確認しご署名をお願いいたします。
※2枚目の必要事項ご記入ください。
1にてご記入いただいたPDFをご郵送ください。
※郵送についてはお客さまのご負担となります。
JALより「JMBクリスタルのカード」、JMB子供カード同時入会のお客さまは「JALマイレージバンク飛行機カード・しろたんカード」をそれぞれお送りします。

ANA国内線で特典航空券使用時のLTマイル加算方法

ANAで特典航空券を使って搭乗した場合、マイルはもらえませんがライフタイムマイル(LTマイル)はもらえます。
ただし、国内線の場合は自分で事後登録しないと加算されません。
ここでは、その手順について解説します。

まず、ANAサイトの上の方にあるマイメニューを押します。
1

メニューが開きますので、「マイレージ事後登録」を選択し、それから「国内線事後登録」を押します。
2

国内線事後登録画面に遷移しますので、名前やお客様番号に問題がなければ「ご搭乗便の入力」を押します。
3

次に、搭乗年月日、便名、区間、座席番号を正確に入力します。
入力のためにご搭乗案内などはとっておいた方がいいかもしれませんね。
4

「登録する」を押すと、すぐに結果が表示されます。
5

当然加算マイルは0なのですが、LTマイルもすぐに反映され、片道1130が加算されていました。
往復の場合、もう一度同じ手順で復路の分を登録します。